すてたろう
すてたろう

¥ 3,780

粟津 潔/劇画・写真
秩父前衛派/作曲・演奏
笹久保 伸
青木 大輔
飴屋 法水/声
2014年8月刊行
定価3500円+税
A5変上製・64頁
ISBN978-4-7738-1320-3 C0071

大人になった すてたろうたちへ
グラフィックデザイン界の鬼才・粟津潔(1929-2009)が、生涯で唯一発表した劇画作品《すてたろう》(1970)。
絵師としての才覚を存分にふるった濃密な画面は今なお新鮮で、川に流された無数の嬰児が荒野を埋めつくす様は、2014年の現在にこそ読む者の胸に深く突き刺さる。
そして劇画《すてたろう》に呼応し、45年の時を超えて《すてたろう組曲》(15曲、49分)が新たに生まれた。作曲・演奏は、多彩な活動で日増しに存在感を高めている異能の音楽家集団、秩父前衛派の笹久保伸(1983-)と青木大輔(1985-)。秩父の地から、時代、地域、ジャンルの壁を壊して独自の表現を発信し続ける彼らもまた、荒野をガレキとともに転がるすてたろうたちなのか。曲中の〈声〉は、椹木野衣との新ユニット「グランギニョル未来」が注目を集める飴屋法水(1961-)が担当した。
また冊子には、1950年代後半から撮影してきた粟津潔の未発表写真作品を多数収録。劇画×写真×音楽作品の充実した内容。
荒野を生きる表現者たちの感性が、時代とジャンルを超えて結びつく衝撃のコラボレーション、ここに誕生!
話題作となること必至、お見逃しなく!!
【著者紹介】粟津 潔(アワヅ キヨシ)

1929年、東京都目黒区生まれ。絵画・デザインを独自に学ぶ。1955年、《海を返せ》で日宣美賞受賞。その後、トータルなデザイナー、あるいは美術家として、建築、文学、都市設計、博覧会設計、映画制作などを行う。2500点以上の作品群は、現在、金沢21世紀美術館のコレクションとなっている。2009年に死去。著書に『ガウディ讃歌』『不思議を眼玉に入れて』『粟津潔 マクリヒロゲル』(以上、現代企画室発行)など。2014年9月から、金沢21世紀美術館にてコレクション展「粟津潔 美術が野を走る」を開催。

【著者紹介】秩父前衛派(チチブゼンエイハ)

2007年にペルーから帰国したギタリストの笹久保伸が、サンポーニャ奏者の青木大輔、ギタリストの清水悠らと結成。映像・美術・文学などさまざまな分野でボーダーレスな活動を展開している。笹久保伸は2004年、20歳でペルーに渡りアンデス音楽を研究。2007年までの滞在中に13枚のCDを発表。帰国後も現代音楽、クラシック、アンデス音楽と多彩な演奏活動を行い、地元・秩父で録音した6枚の作品を発表している。2014年8月には飴屋法水、椹木野衣らの「グランギニョル未来」に出演するなど、活動の幅をますます広げている。

【書籍+DVD+データCD】 金沢21世紀美術館コレクション・カタログ 『粟津潔、マクリヒロゲル』 
【書籍+DVD+データCD】 金沢21世紀美術館コレクション・カタログ 『粟津潔、マクリヒロゲル』 

¥ 3,150

1960年代の代表選手、奇才・粟津潔の全貌をしめすコレクション・カタログ

1950年代から世界のグラフィック・デザインを牽引し、60年代、70年代には、建築・美術・映像・音楽などジャンルを超えたクリエイターたちとの協働により「前衛」の渦の中心に位置しつづけたデザイナー粟津潔。本書は、金沢21世紀美術館が有するコレクションより約1500点の粟津作品のデータをおさめたDVDと、2007-08年に開催された記念碑的展覧会「荒野のグラフィズム」におけるレクチャー、公演、ワークショップを記録するドキュメント・ムービーDVD、ドキュメント・ブックの三部で構成する新しいスタイルのカタログである。
戦後の焼け野原にひとりで立ち、そこから人並みはずれたパワーと好奇心でマクリヒロゲられた粟津潔の世界が発する熱は、21世紀の初頭、ふたたび「荒野」をさまよう私たちになにを伝えるだろうか。

針生一郎・中原佑介・松本俊夫・篠田正浩らが語る60年代・70年代当時の社会と芸術の状況、一柳慧・林光・小杉武久・山下洋輔・沢井一恵らの演奏、福田繁雄・永井一正・勝井三雄・日比野克彦・祖父江慎らデザイナーたちの証言など、貴重な記録・映像が満載。


粟津 潔 AWAZU,Kiyoshi (1929-2009)
東京生まれ。グラフィック・デザイナー。55年、ポスター「海を返せ」で日宣美賞。60年、建築家たちと「メタボリズム」を結成。各種博覧会、博物館の基本計画設計、およびディレクションを担当。印刷博物館初代館長を務める。著書に『デザインの発見』『造型思考ノート』『ガウディ讃歌』『象形文字遊行』など。
http://www.kiyoshiawazu.com

大型本: 128ページ
出版社: 現代企画室 (2012/9/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4773812095
ISBN-13: 978-4773812091
発売日: 2012/9/15
商品パッケージの寸法: 25.2 x 22 x 2.4 cm

【CD+DVD】 笹久保伸 『秩父前衛派』 
【CD+DVD】 笹久保伸 『秩父前衛派』 

¥ 4,000

笹久保伸・主宰のCHICHIBUレーベル3作目音楽CD+笹久保伸・初監督映画作品DVDの豪華2枚組セット。

古典、現代音楽、フォルクローレの要素を併せもち、かつ「秩父」を拠点にそれらを超越した音楽活動を展開して異彩を放つ笹久保伸と秩父前衛派。音楽に加え、文学、パフォーマンス、絵画などジャンルの境界線上に立ち表現してきた彼らが、ついに映像制作にも参戦! 消滅間近な 8 mm フィルムによる映画作品「犬の装飾音+秩父休符」を収録した DVD と、笹久保伸作曲・演奏による「組曲 小学校」「Percussion Music」などを収録した CD の二枚組作品。数多のアーティストや批評家から熱い注目を浴びている笹久保伸+秩父前衛派による Hyper Chichibism Art が、また1枚ベールを脱ぎすてて新たな可能性を示す。

笹久保 伸
1983年、東京に生まれ、その後1歳までペルーで過ごす。クラシックギターを学び内外のコンクールにて受賞多数。17歳の時にコスキン音楽祭(アルゼンチン)で演奏して以来世界各地で演奏活動を行う。2004~07年はペルーで活動し、アンデス音楽とその人々の生活を学びながらイタリア、ドイツ、ギリシャ、ブルガリア、アルゼンチン、チリ、ボリビアにて演奏。2010年「秩父前衛派」を組織し音楽や詩の活動を展開。2011年に詩集「孤独の骨の夜」を発表。同年1月、イタリア・ミラノのアートスペース「スペース・シリン」およびローマ・カピトリーニ美術館(Campidoglio)にてリサイタルを行う。同年8月、アンデスの伝承音楽を調査研究し実践に生かすための方法を考える「流れる水の研究所」を組織。作曲家の高橋悠治、杉山洋一、Sylvano Bussotti, Carlo Domeniconi, Elder Olaveらに新作を委嘱し世界初演を行っている。主に前衛的な現代作品やラテンアメリカ音楽、即興でギターを弾いているが、根本的には友人たちと楽器で遊ぶ喜びがすべての活動の原点となっている。
http://shin-sasakubo.com/

【CD】収録曲
1. Preludio Chichibu
2. Parody para los Perros
3. Percussion Music 
  (with Gaku Yamada, Koki Fujimoto, Masatoshi Kainuma)

組曲:小学校 suite-elementary school
4. Ⅰ 序奏-春 introduction - spring
5. Ⅱ 入学式 entrance ceremony
6. Ⅲ 先生 teachers
7. Ⅳ 友達 friends
8. Ⅴ 授業 class
9. Ⅵ 給食 lunch
10. Ⅶ 授業参観 parents' day
11. Ⅷ 遠足 field trip
12. Ⅸ 運動会 sports field day
13. Ⅹ 掃除の時間 cleaning time
14. XI 憂鬱な午後 gloomy afternoon

15. 夏が終わるために1 for this summer to end 1
16. 夏が終わるために2 for this summer to end 2
17. 緑の中に in the green (with Daisuke Aoki)

【DVD】収録
「犬の装飾音」+「秩父休符」

【書籍】 Carlos Moore / 訳:菊池淳子  『FELA! THIS BITCH OF A LIFE』フェラ・クティ自伝 
【書籍】 Carlos Moore / 訳:菊池淳子  『FELA! THIS BITCH OF A LIFE』フェラ・クティ自伝 

¥ 2,415

アフロ・ビートの創始者、
自由を奪いにいった天才アーティスト、そして戦士……
フェラ自身が語る、抵抗のメッセージとは!

本書は、音楽をとおして反体制運動、黒人解放運動をおこなったフェラ・クティの人生を、フェラと深い友情で結ばれていたカルロス・ムーアが、聞き語りで書き下ろした自伝である。幼少期に遡って自らを語るフェラ・クティの言葉からは、欧米による植民地政策で傷つけられたアフリカの歴史や、キング牧師やマルコムX などブラックパワーが台頭する60 年代のアメリカの文化状況なども読み取ることができ、アーティストの自伝本を超えた人文書としても読み応えがある。また、本書には、フェラ・クティの妻ら(27人中の)15 人ほか、彼の身近にいた人物のインタビューも入っており、フェラの素顔を知ることができる貴重な1冊。

フェラ・クティ FELA KUTI (1938-1997)
ナイジェリア出身のミュージシャン/黒人解放運動家。アフリカにおける人種差別や政治腐敗を糾弾し、音楽を通した闘うアーティストして、ボブ・マーリーとともに世界中で尊敬されている。アフロビートの創始者。


著者:カルロス・ムーア Carlos Moore
政治学者、民族学者、作家。カストロ政権の人種的な政策に反対し、母国キューバから30年亡命している。現在ブラジル在住。自由/平等の政治的信念のもと、ジャーナリスティックな目線で数々の著作を執筆している。
http://www.drcarlosmoore.com/


翻訳:菊池淳子
『デイヴィット・リンチ』『ラッセル・シモンズの成功哲学』『ヒップホップはアメリカを変えたか?』『森の中からジャズが聞こえる』(フィルムアート社)『メイキング・オブ・マルコムX』(ビクター音楽産業、共訳)などを多数翻訳。

【書籍】 Jonas Mekas / 訳:飯村昭子 『メカスの映画日記 I HAD NOWHERE TO GO』
【書籍】 Jonas Mekas / 訳:飯村昭子 『メカスの映画日記 I HAD NOWHERE TO GO』

¥ 5,040

故国リトアニアがドイツの占領下にあった第二次大戦末期、反ナチ活動が発覚して著者はナチの強制労働収容所へ送られた。ドイツが敗北すると、故国はソ連領となる。
著者は帰国を断念し、1949年末に米国に亡命するまで、弟アドルファスといっしょに、ドイツの難民収容所を転々とする。
日記は、ドイツやソ連の横暴に絶望し、孤独と飢餓に耐えて、大量の読書、映画館通い、収容所仲間、労働、収容所新聞の発行、マインツ大学に聴講にいくことまで、破天荒ともいえる日常を具体的に記す。
メカスは現在、ニューヨークを拠点に映画を制作し、個人映画や非商業映画の保存・上映に情熱をそそぐ。
難民日記は映画作家メカスの前半生の記録であり、同時に、難民生活の実態を教えてくれる。詩人の観察眼と溢れる詩情と、起伏に富んだ文章が、読者を新たな地平へ連れ出すことだろう。

「ああ、この難民たちの住まいでは、全員が道化者だった。全員が互いの境遇をよく知っていた。そして全員が、互いに道化でしか通じ合えないような、あまりにも耐えがたい別離を経験していた」(本書より)


著者:ジョナス・メカス Jonas Mekas, 1922-
リトアニア生まれのアメリカ人。詩人、映画作家。
第二次大戦末期の1944年、ナチの追手から逃れて国外に出たが、そのままナチ・ドイツに拉致され、強制労働収容所へ送られる。翌年ドイツの降伏による終戦によって、そのまま難民となり、4年間ドイツを流浪後、1949年に米国へ亡命、ニューヨークで映画の制作を始める。60年代には、『ヴィレッジ・ヴォイス』紙のコラムに執筆、季刊『フィルム・カルチャー』誌の発行をつうじて個人映画の評論活動をつづける。フィルムメーカーズ・コープを組織して作家を連帯させ、シネマテークを創って上映活動をし、個人映画のジャンルを確立。1970年には,散逸しやすい個人映画や非商業映画,歴史上重要な映画の保存と上映のためにアンソロジー・フィルム・アーカイヴィスを創設。現在はその館長。
映画作品に Walden, Notes and Sketches (1966), 『リトアニアへの旅の追憶』(1971-72)ほか多数。
著書『メカスの映画日記』(フィルムアート社,1974)『セメニシュケイの牧歌』(書肆山田,1996)『どこにもないところからの手紙』(書誌山田,2005)ほか、多数.。

翻訳:飯村昭子
早稲田大学仏文科卒業。在ニューヨーク。フリージャーナリスト。1982年より13年間、ニューヨークの日本語新聞『OCSニュース』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

単行本: 416ページ
出版社: みすず書房 (2011/6/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 462207608X
ISBN-13: 978-4622076087
発売日: 2011/6/22
商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.4 x 3.2 cm

【書籍】 粟津潔 『不思議を眼玉に入れて』 
【書籍】 粟津潔 『不思議を眼玉に入れて』 

¥ 1,890

日本を代表するデザイナー粟津潔の少年時代の記憶。
独学で学んだ彼にとって、街が教師であり、眼にした不思議やさまざまな出会いが題材であった。少年時代の体験は、ジャンルを超えた粟津デザイン・横断的アートの原点なのである。

独学で学んだ彼にとって、街が教師であり、眼にした不思議さやさまざまな出会いが題材であった。ジャンルを超えた粟津デザイン・横断的アートの原点を探る。


粟津潔 AWAZU, Kiyoshi (1929-2009)
1929年東京都目黒区目黒本町に生まれる。絵画・デザインを独自で学び、1955年日本宣伝美術会展・日宣美賞受賞、1958年世界フィルムポスターコンペランス最優秀賞などを経て、1969年粟津デザイン研究室(現(有)粟津デザイン室)設立。グラフィックデザイナーとしてデザインの第一線で活躍する傍ら、建築・音楽・文学・映像などさまざまなジャンルを超えたアーティストらとともに都市設計・博覧会設計・映画制作なども行い、その活動・作品暦、及び発表は多岐に渡る。1997‐98年には、ポーランド共和国・4都市4国立美術館にて大回顧展を開催。近年ではデザインの原点である視覚伝達(ビジュアルコミュニケーション)に着眼し、象形文字・ロックアートなどを追究し、さまざまな方法を用いて発表を展開している
http://www.kiyoshiawazu.com

単行本: 230ページ
出版社: 現代企画室 (2006/05)
ISBN-10: 4773806044
ISBN-13: 978-4773806045
発売日: 2006/05
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm

【CD】 AYUO 『Stoned』 
【CD】 AYUO 『Stoned』 

¥ 2,500

サイケデリック?
フリージャズ?
それとも古代音楽か?
こんな音楽を聴いたことがありますか?

2002-2003年に全国各所を巡回した「ロックアート展」のために創られた13曲のメッセージ。岩に描かれた古代神話が音になる。
AYUOならではのインプロビゼーション・ワールド…

ゲストミュージシャン:ヤドランカ
対訳:高橋悠治
解説:原広司

AYUO (1960-)
作曲、作詞、英語作詞、ギター、ヴォーカル、ブズーキ、ケルティック・ハープ、プ サルトリー、コロナミューズ、ティン・ウィスル、ハーディー.ガーディー、中国箏
ベルリン、ストックホルム、ニューヨークで育ち、なかでもニューヨークのグリニッジビレッジで過ごした 成長期に60年代後半のアメリカ文化から強い影響を受ける。8歳よりクラシックギターを習い始め、スタン リー・シルバーマン、後にウイリアム・ヘルマンに師事。83年以降9枚のソロアルバムを制作発表。ギター の他にも様々な楽器を演奏し、古代音楽にみられる世界の繋がりをネオ・トラッドという独自のサウンドで 表現し、坂本龍一、ピーター・ハミル、フェアポート・コンベンションとの共演など、国際的に活躍してい る。独自の音楽観を持つ存在として執筆の依頼も多い。近年では、音楽を軸とした新しい表現方法を提唱し 、音楽家に限らず、ファッション・デザイナー、建築家、グラフィックデザイナー、舞踊家、等、様々な分 野、世代のアーティスト達と共に表現の場のプロデュースも手掛けている。2004年には太田裕美とのジョイ ント・アルバム『RED MOON』を、2005年には源氏物語の「葵の上」に基づく、洋楽器と邦楽器をま ぜたオペラ作品『AOI 』をニューヨークのTZADIKレーベルより発売。最新作『絵の中の姿』は Jadranka、高橋悠治、沢田穣治、上野洋子、千野秀一といった優れたミュージシャンによるサポートで Ayuo本人の自伝的な世界を巧みに描き出している。
http://www.ayuo.net/

CD収録曲
1. i am / u are
2. A Breath of Life
3. Inanna
4. The Strength of Birds
5. Devotion
6. u are / i am
7. The Strength of Songs
8. From the depth of Space-less-ness
9. Enchantment
10. Daybreak
11. The Strength of Birds 2
12. Geronimo
13. Stone Paintings

【ポストカード】 粟津潔 70年代、線のシリーズ3枚セット
【ポストカード】 粟津潔 70年代、線のシリーズ3枚セット

¥ 450

粟津潔の70年代の線を用いたポスター作品が、ポストカードになりました。

サイズ:タテ15.7cm×ヨコ11.5cm
郵便で送る際の送料(国内)は、82円となっております。
(※切手貼付欄には「80」と印刷されていますので、ご注意ください。)
1枚ずつフィルム袋入り。

1971年 『ANTI-WAR』
1972年 『POSTER NIPPON』
1974年 『小杉武久 マノ・ダルマ・コンサート』

【ポストカード】 粟津潔 60-70年代、映画・公演シリーズ3枚セット
【ポストカード】 粟津潔 60-70年代、映画・公演シリーズ3枚セット

¥ 450

粟津潔の60-70年代の映画・公演ポスターが、ポストカードになりました。

1965年 『マース・カニングハム・ダンス・カンパニィ』
1969年 『心中天網島』
1973年 『リトアニアへの旅の追憶』

サイズ:タテ15.7cm×ヨコ11.5cm
郵便で送る際の送料(国内)は、82円となっております。
(※切手貼付欄には「80」と印刷されておりますので、ご注意下さい。)
1枚ずつフィルム袋入り。

【ポストカード】 粟津潔 60-70年代、演劇シリーズ3枚セット
【ポストカード】 粟津潔 60-70年代、演劇シリーズ3枚セット

¥ 450

粟津潔の60-70年代・演劇ポスターがポストカードになりました。

サイズ:タテ15.7cm×ヨコ11.5cm
郵便で送る際の送料(国内)は、82円となっております。
(※切手貼付欄には「80」と印刷されておりますので、ご注意下さい。)
1枚ずつフィルム袋入り。

『犬神』 1969年
『骨餓身峠死人葛』 1970年
『桜姫東文章』 1972年