【書籍】 粟津潔 『不思議を眼玉に入れて』 

¥ 1,890

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

日本を代表するデザイナー粟津潔の少年時代の記憶。
独学で学んだ彼にとって、街が教師であり、眼にした不思議やさまざまな出会いが題材であった。少年時代の体験は、ジャンルを超えた粟津デザイン・横断的アートの原点なのである。

独学で学んだ彼にとって、街が教師であり、眼にした不思議さやさまざまな出会いが題材であった。ジャンルを超えた粟津デザイン・横断的アートの原点を探る。


粟津潔 AWAZU, Kiyoshi (1929-2009)
1929年東京都目黒区目黒本町に生まれる。絵画・デザインを独自で学び、1955年日本宣伝美術会展・日宣美賞受賞、1958年世界フィルムポスターコンペランス最優秀賞などを経て、1969年粟津デザイン研究室(現(有)粟津デザイン室)設立。グラフィックデザイナーとしてデザインの第一線で活躍する傍ら、建築・音楽・文学・映像などさまざまなジャンルを超えたアーティストらとともに都市設計・博覧会設計・映画制作なども行い、その活動・作品暦、及び発表は多岐に渡る。1997‐98年には、ポーランド共和国・4都市4国立美術館にて大回顧展を開催。近年ではデザインの原点である視覚伝達(ビジュアルコミュニケーション)に着眼し、象形文字・ロックアートなどを追究し、さまざまな方法を用いて発表を展開している
http://www.kiyoshiawazu.com

単行本: 230ページ
出版社: 現代企画室 (2006/05)
ISBN-10: 4773806044
ISBN-13: 978-4773806045
発売日: 2006/05
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm